fc2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第7部

    火紅狐・猫討記 1

     ←火紅狐 目次(第7部;黒白戦争編 前編) →火紅狐・猫討記 2
    フォコの話、371話目。
    黒い悪魔の治世。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     大火が中央政府の長となってから、しばらくは、世界に大きな混乱は起きなかった。
     大火が外交よりも、内政問題に重点を置き、結果として、大陸外での紛糾については、その当該国に処理を放任していたためである。



     前中央政府の場合は、天帝教を主軸として、政治・宗教の両面から統制・統治してきたために、内部からの反乱は起こりえなかった。
     だがその反面、非天帝教圏からは少なからず反発的な態度があったし、それに対しては資金と人員とで大きく勝る中央軍を楯に、強気の外交を進めてきた。
     300年の間守られてきた「世界平定」は、こうした両陣営の政治・経済・軍事、そして宗教と言う、4つのバランスによって保たれてきたのだ。

     しかし大火は、その力学を己の身一つで崩した。
     自分が長となったことで起こるであろう反発・反乱を想定し、先んじて防ぐために、まずはあの蛮行とも言える示威行動――市街地における虐殺と、城内における処刑を行ったのだ。
     これにより、大火は前述の4つの力関係とはまた別の、「恐怖」と言う圧力を街中に、そして中央政府内にかけた。
     その結果、大火に反発できる者は、中央政府内にはいなくなった。

     とは言え、大火は民衆を怯えさせるばかりではなく――。
    「新しいお触れ……?」
    「ああ、何でもあの『黒い悪魔』から、直々にお達しが出たとか」
    「何て言ったんだ……? まさか生き血を差し出せ、とか?」
    「……いや、そんな怖い話じゃないらしい。何でも……、『信教の自由』とか」
    「なにそれ?」
     大火はこれまで央北を支配していた天帝教について、強制的に信奉せよとも、片っ端から廃絶せよとも言わず、「信じたいのならば勝手に信じればいい」と公言したのだ。
     これは中央軍と「黒い蓮」の衝突で右往左往し、後の市街地暴動で荒んでいた人々を、心の底から安堵させた。
    「マジかー……。ああ、天帝様の石像ブッ壊したから、いつ罰を受けるかとヒヤヒヤしてたけど」
    「お前、そんなことしたのか……」
    「俺は逆に、央中天帝教に絶対改宗しろとか言われるのかと思って、もー毎日吐きそうで吐きそうで……」
    「……案外、『黒い悪魔』もそんなに、無茶苦茶な奴ってわけでもないらしいな」

     続いて大火は、天帝廟に追いやられたタイムズ一族のところへ向かい、新たな天帝教教皇である、第9代天帝を定めさせた。
     その上で彼と、天帝教の主立った司祭や司教を、彼らの元総本山であるクロスセントラルへ連れ、その地でこう宣言させた。
    「我々は新中央政府の公認の元、改めてこの地へ、布教を行います。
     しかしその活動には不純、不浄なものがあってはなりません。我々は初代天帝、ゼロ・タイムズ帝の遺した教書・経典の一言一句に従い、不要な寄進は一切受けぬものと誓います。
     また、カツミ氏と取り決めた、『天帝一族は永年に渡り中央政府に関与してはならない』と言う約定を、末代に渡るまで遵守することを、誓います」
     大火は天帝教の影響力を、宗教のみに限定することを図ったのだ。
     こうして天帝をクロスセントラルの市民、即ち天帝教信者たちの前に立たせて宣言し、確約させたことで、タイムズ一族を世界を統べる天帝から、一宗教組織の教皇へと、その地位を下方へ固定させることに成功した。

     このように、大火はしばらくの間ずっと、内政にのみ目を向けた政治運営を行っていた。
     そのため、これまで干渉を受けていた諸国にとっては、この期間はこれまで約300年続いていた関係を見直す、絶好の機会となった。



     人心を操作し、その上で安定させ、タイムズ一族と央北天帝教の復権の芽を潰したところで、大火のところに、密かに客がやってきた。
    「よお、克。偉くなっちゃったねぇ」
     「旅の賢者」モールである。
    「……」
    「何か考えがあってのコト、だろ? じゃなきゃキミみたいなタイプが、上からあーだこーだ言うような役なんて、やりゃしないからね」
    「……クク」
     大火は数ヶ月ぶりに、唇の端をにじませた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐 目次(第7部;黒白戦争編 前編)】へ
    • 【火紅狐・猫討記 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐 目次(第7部;黒白戦争編 前編)】へ
    • 【火紅狐・猫討記 2】へ