fc2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第7部

    火紅狐・狐殿記 4

     ←火紅狐・狐殿記 3 →火紅狐・狐殿記 5
    フォコの話、406話目。
    難訓の、最後の「お人形」。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「……!」
     扉に引っかけたらしい帽子を直しつつ近付いてくる、灰と黒の縦縞のピエロ服を着た、その子供を見て、フォコは身構えた。
    「ナンクンのゴーレム……!」
    「これはこれは、二コル卿」
     ピエロはにやり、と気味の悪い笑みを浮かべた。
     その顔は、真顔であれば、黒水晶の中で眠る少女――天狐の顔に、そっくりだった。
    「あなた様が、克大火様の護衛、と言うわけでございますか」
    「お前だけじゃないぞ」
     いつの間にか、ルピア・ランニャ母娘も、フォコの側に来ていた。
    「カツミ君の言う通りだったな。やっぱり、ここへ探りを入れに来たか」
    「ええ、お察しの通りでございます。そして目的のものも、見つけることができました。主様に、良い報告が致せそうです」
    「礼の一つでも言ってほしいもんだがな」
    「言ったところで、あなた方は喜ばれないことは明白でございますから。わたくしを、止めるおつもりでしょうし」
     そう言ってピエロは、じゃらり、と鎖を手に取る。
     その先には無数の棘が付いた鉄球がつながれており、やたらに凶悪な印象を与えていた。
    「モルゲンシュテルン(モーニングスター)、……の派生か。シュテルンペッツェ、とでも呼べばいいか」
    「どうとでもお呼びいただいて、結構でございます」
     ピエロは鎖をヒュンヒュンと音を立てて振り回し、名前を名乗った。
    「申し遅れました。わたくしの名は、ホーネット。
     あなた方一派に散々打ち壊された兄弟たちの、末の者でございます。それ故……」
     ホーネットは鎖を離し、ごう、と音を立てて鉄球を投げ付けた。
    「うお……っ!」
     フォコたち三人はその場から飛びのき、鉄球をかわす。
     床に落ちた鉄球はボゴ、と鈍い音を立て、床に大穴を開けた。
    「今までの兄弟たちが経験してきた情報をすべて、わたくしの身に集積・蓄積し、対処を立てております。
     例えば二コル卿、あなたの行動パターンは……」「『ファイアランス』!」
     ホーネットが言い終わらないうちに、フォコは魔術を放っていた。
    「強い相手に対しては、十分な距離を取った上で、火の術で攻撃をなさいます」
    「うっ……!?」
     ホーネットは姿勢を低くし、フォコの放った火の槍をかわし、もう一度鉄球を投げ付けた。
    「ぐあ、っ」
     辛うじて盾を掲げ、鉄球が体にめりこむのは防いだものの、フォコは弾き飛ばされてしまった。
    「そしてランニャ様、いえ、ゴールドマン夫人」
    「このやろッ!」
     剣を振り上げ、飛び掛かってくるランニャに、ホーネットはにやぁ、と不気味な笑みを向ける。
    「直情径行なあなた様は、夫様があのように攻撃されれば……」
    「う、……っ」
     ホーネットは鎖をランニャの剣と右手、胸にぶつけ、フォコと同様に弾く。
    「……愚かにも、真正面から向かって来られる」
    「げ、ほっ」
     フォコもランニャも、部屋の端にまで飛ばされていた。
     特にランニャの方はダメージが深く、剣は真っ二つに折られ、腕も不自然に曲がり、口からは血まで吐いている。
    「ランニャ! 大丈夫か!?」
    「げほ、げほっ……、だ、だい、じょぶ」
    「嘘言うなや、……ああ、くそっ」
     フォコには治療術の資質が無く、彼女を治すことができない。
    「ふざけんなや、ポンコツ人形……! 何してくれとんねや、あぁ!?」
     フォコの反応を見たホーネットは、あの嫌味じみたクスクス笑いを浮かべる。
    「やはり、やはり、データの通りでございますね。その知性のわりに、すぐ、激昂される。
     そうなればもう、後の行動は奥様と同じ。滅多やたらに飛び込まれ、……そしてわたくしの、餌食となるでしょう」
    「……~ッ」
     フォコは怒りに任せて駆け出そうとする自分を、懸命に抑える。
     一方、冷静に状況を見定めようと構えていたルピアに、ホーネットは声をかけた。
    「そしてネール大公」
    「……」
     ホーネットはニヤニヤと笑いながら、扉の外を指差した。
    「あなた様のデータも、元夫様からいただいております」
    「……なに?」
     ルピアが目を向けた先には、扉の陰からそっと顔を出す、シロッコの姿があった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・狐殿記 3】へ
    • 【火紅狐・狐殿記 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・狐殿記 3】へ
    • 【火紅狐・狐殿記 5】へ