fc2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 短編・掌編・設定など」
    双月千年世界 短編・掌編

    緑綺星番外編 その1

     ←緑綺星・聖怨譚 10 →10分の1でいいから
    シュウの話、……とはまったく関係ない昔話。
    下手の横好き、国を滅ぼす。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    緑綺星番外編 その1
     どこの世界にも「下手の横好き」――己の趣味・嗜好と適正・能力が釣り合わない者はいる。それが個人で完結しているのであれば何の問題もないのだが、他人を、それも全く無関係の大衆を巻き込むようになれば、それは「害悪」に他ならない。

     マーク・メルキン・トラスもこの類の、自分の「趣味」のために他人を不幸に陥れる性質を持つ愚者であった。結論から言えば彼は策略・策謀を好む性質だったが――国民にとっては極めて残念なことに――彼の知力・知謀は凡人の域を出るものではなく、むしろ稚拙で、お粗末極まりないものでしかなかった。
     彼の非道で非倫理的、卑劣な策略によって一聖が去り、政敵らしい政敵がほとんどいなくなったにもかかわらず、彼は何故かまだ策をめぐらして無闇に敵を作り、それを叩き潰すべく新たな策を企てると言う、傍から見れば無駄、無意味、はっきり言って意味不明な行動を繰り返していた。結局はこの支離滅裂で狂人じみた行動が彼自身の信用・人気を落とす最大の原因となったが、無能な彼らしく、その事実には最後までまったく気付かずじまいだった。
     ともかく彼の言動は次第に王国内の政治情勢を悪化させ、ついには戦争に至らせた。そしてそんな事態に陥ってもなお、メルキンは愚かな頭脳を働かせ、策を弄し続けていたのである。

     彼自身が無才無能で諸悪の根源であったとしても、彼の下に付いていた者たちはそうではなかったため、戦争は終始狼陣営有利の展開が続き、ついに最終局面を迎えた。敗色濃厚、首都圏からの退却必至となった猫陣営が、最終決戦に打って出たのである。
     そしてここでもメルキンは――例によって例のごとく――意味不明な策略を弄した。全軍体勢で狼陣営本営に攻勢を仕掛けた猫陣営から逃れるため、なんと彼は、単騎で自ら本営を抜け出してしまったのである。
    「ひひ……ひひひっ、あいつらマヌケだなぁ。何時間攻め立てたって、もう僕はいやしないのに……ひひひっ」
     本営の正面で粘る猫陣営の本隊に背を向け、メルキンはこそこそと裏通りを歩いていた。この時、彼は護衛一人すらも付けておらず、完全なる無防備だった。
    「あいつらの攻撃がもう最後の最後だってことは分かってるんだ。あれさえかわしちゃえば、もう僕たちの勝利は揺るがない。僕の完全勝利だ……!」
     ぶつぶつとひとり言をつぶやきながら、メルキンは本営からどんどん離れていく。彼自身はこの行動が最適解であると確信して疑っていなかったが、彼自身にとっても極めて残念なことに、彼の頭脳は愚劣極まりなく、特に軍事に関しては丸っきりの素人だった。
     そのため「本隊と別働隊に分かれての二面攻撃」と言う、極めてオーソドックスな戦術すらも知らなかったし、思い付きもしなかったのである。
    「あっ!」「い、いたぞ!?」
     ヘラヘラ笑いながら裏通りを抜けた途端、メルキンはその、猫陣営の別働隊に出くわしてしまった。
    「……えっ!? な、なんでっ」
     一転、顔面蒼白になると同時に、彼の体を無数の銃弾が突き抜ける。その腐りきった愚劣な頭脳にも弾がめり込む直前、彼は心の中で絶叫していた。
    (なんで僕が……こんなところで!?)
     そしてその思いは、別働隊も抱いていたようだった。
    「え、エネミーダウン(目標殺害)。……マーク2世だよな、あいつ?」
    「そのように……見えるが」
    「……なんでこんなところに?」
     一様に呆然とした顔を並べ、別働隊は穴だらけになったメルキンの死体を見下ろしていた。



     この後、猫陣営は結局狼陣営本営の攻略に失敗し、首都西側に位置するカプリ州へと退却。抗戦する兵力も集まらないまま軍は事実上瓦解、無条件降伏を余儀なくされるかと思われたが、ここで狼陣営から休戦が提案された。名目上の総大将、マーク・メルキン・トラスの死亡が確認され、継戦の必要性がなくなったためである。
     しかしこの時既に両陣営とも甚大な被害を与えあっていたために、休戦交渉は難航を極めた。最終的に東西分裂は不可避なものとなり、双月暦635年、カプリ州全域を猫血統の領地として割譲する形で西トラス王国が成立。トラス王国は東西に分裂した。

    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【緑綺星・聖怨譚 10】へ
    • 【10分の1でいいから】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【緑綺星・聖怨譚 10】へ
    • 【10分の1でいいから】へ