fc2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 5;緑綺星」
    緑綺星 第4部

    緑綺星・機襲譚 3

     ←緑綺星・機襲譚 2 →緑綺星・機襲譚 4
    シュウの話、第149話。
    進撃はモニタの向こう側で。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     王国軍全軍がストライキにより機能停止したことは白猫党側も当然察知・把握しており、彼らは早速この翌日から軍事行動に出ていた。
    《SD714B-1001~1060、巡航モードから警戒モードに遷移します》
    《DF712F-2301~2420、巡航モードから警戒モードに遷移します》
    《HD715E-1001~1120……》
     だが、兵員の全てをAI制御下に置く白猫党である。現場に指揮官はおらず、ドローン兵器とMPS兵士を乗せた無人トラックばかりが荒野をひた進んでいる。そしてその様子を安全な制御室内でモニタリングするオペレータたちを、いかにも偉そうな党章を胸に付けた青年指揮官が、後ろで監督していた。いや――。
    「……っしゃ、虹っ」
     真面目に働くオペレータたちを時折チラチラと確認しつつも、彼自身はこっそりオンラインゲームでくじを引いていた。
    「……ってなんだよ、結局Sレア1枚か? 看板虹演出でX出ないなんて詐欺だろ。せめてUくらい、……おっと」
     部屋の中に白いスーツの女性が入ってきたことに気付き、彼はこそっとパソコンを操作し、オンラインゲームの画面を隠す。
    「閣下、ご足労様です」
     立ち上がり、敬礼した指揮官に、その女性は冷たい視線を向ける。
    「遊んでた?」
    「……っ、い、いえいえいえ、何を仰いますやら。今は仕事中で……」
     ごまかそうとした彼の横に「閣下」がすい、と割り込み、キーボードをかちゃ、かちゃと叩く。途端にオンラインゲームのBGMが、部屋中に大音量で響き渡った。
    「これは?」
    「……も、申し訳ありません!」
     一転、深々と頭を下げた相手に、「閣下」は「構わない」と返した。
    「業務に支障が出ない限りであれば、余暇を楽しむ行為は許容する。もちろん支障があれば罰する。その上で確認する。現在、何か問題は?」
    「そ、それははい、問題ありません! 全く! 順調です! 万事順調!」
     ぺこぺこと頭を下げる指揮官を冷たい眼差しでしばらく眺めていた「閣下」は、冷え冷えとした声色を発した。
    「今回の作戦には多大な予算を割いている。完遂できなければ相応の責任を取ってもらう。必ず成功させるように。以上」
    「そ、それはもちろん!」
     床に頭をこすりつけるように平伏した指揮官に背を向け、閣下は部屋を出て行く。指揮官は扉が閉まったのを確認して、それから横柄な態度で椅子に座り、パソコンの音量を0に戻した。
    「……へーへー大丈夫でございますともですよ、閣下。これだけの物量をぶつけりゃ、どんな軍隊だって蹴散らせますって……」「それから」
     閉じた扉をもう一度開け、「閣下」が顔を覗かせる。
    「もしも予算を濫用・私的利用していた場合には、相応の処罰と請求を行う。以上。……了承している? しているなら返事をしなさい、セルヒ・グスマン三級党員」
     ひんやりとした目線を向けられた指揮官はもう一度立ち上がって敬礼し、「了解です」と消え入りそうな声で答えた。

     あまりにも職務怠慢な態度を晒していたグスマン指揮官であったが、彼が白猫軍の最重要計画である特区侵攻の際においてもなお、これほど気を抜いていたのは、無理からぬことだった。何故ならこの作戦において、白猫党の脅威になりうると考えられていた勢力はトラス王国軍のみであり、その王国軍ですらストライキにより――流石に王国領内に踏み入るようなことをしない限りは――銃弾1発すら撃ち込んでくる可能性がなかったからである。また、他に懸念すべき勢力として天狐の存在が挙げられたものの、これも結局は後述するとある理由により、脅威になるとは見なされていなかった。
     結果、もはや無人の野を行くがごとき態勢で東進を続けた白猫軍は、いよいよ難民特区に踏み込もうとしていたが――突如、低空飛行していたドローンの一つが火を噴き、墜落した。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【緑綺星・機襲譚 2】へ
    • 【緑綺星・機襲譚 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【緑綺星・機襲譚 2】へ
    • 【緑綺星・機襲譚 4】へ