fc2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 2;火紅狐」
    火紅狐 第3部

    火紅狐・合従記 5

     ←火紅狐・合従記 4 →火紅狐・合従記 6
    フォコの話、107話目。
    内部の亀裂。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「また監査だよ……」
    「またかよ」
     毎日のように持ち場や自室をほじくり返され、イスタス砦の兵士たちはうんざりしていた。
    「ねーっつーの、横流し品なんて」
    「あいつら目の敵にして、俺たちを追い回して……」
    「そんなに俺たちが信用できないのかっつーの」
     監査を行う士官と、監査される兵士たちとの間には、いつしか軋轢が生じていた。
    「俺、思うんだけどさ」
    「ん?」
    「俺たちを犯人にして、実はあいつらが横流ししてんじゃねーか?」
    「まさか」
    「まさか、と思うか? いくら俺たちの部屋やら何やらを荒らし回っても、何にも出てこねーんだぞ。じゃあもう、俺たちの中に犯人、いねーってことじゃねーのか?
     でも中将や側近がこんなことするわけねーし、じゃあ、残る容疑者って言ったら」
    「……士官組ってこと、か?」
    「だと思うんだよ、俺は」
     こうした考えは、次第に砦内の兵士たちに伝播していった。

     そしてじわじわと、その対立は深まりつつあった。
    「これより諸君らの持ち場監査を行う! 各自作業を止め、両手と、尻尾のある者は尻尾も挙げ、壁に直立! 監査が終わるまで、待機せよ!」
     が、兵士たちはいぶかしげな視線を監査役の士官たちに向けてくる。
    「……どうした? 早く並べ!」
    「思うんスけど」
     と、兵士の一人が士官をにらむ。
    「なんだ」
    「まさかまだ、俺たちが軍備ちょろまかしてるなんて思ってないでしょうね?」
    「何を寝ぼけているかッ! 実際に軍備は消え、横流しされているのだ! お前たちの中にいるはずだ、犯人が!」
    「なんで俺たちなんですか?」
     その一言に、場がざわめく。
    「俺たちが犯人って、誰が言ってました? 誰か自白でも? それとも証拠があるって?」
    「馬鹿者、それを今から……」「誰がバカだと、おい!」
     兵士が声を荒げ、士官を非難し始めた。
    「証拠の一つもないってのに、俺たちみんな悪者かよ!? 出てから言えよ、んなこたぁ!
     それに俺たちも疑ってんだよ、アンタらをなぁ!」
    「なっ……!?」
    「何度も何度も監査、監査、監査! それでも何も出なかっただろうがよ、え!? いい加減、俺たちじゃねーって分かれや!? どっちがバカだか分かんねーなぁ!?」
    「き、貴様……ッ」
    「むしろ俺たちゃ、アンタら士官の中に犯人がいると思ってんだよ! だからそのごまかしに、何べんも監査してんだろ? 俺たちをどーしても犯人に……」「貴様ァッ!」
     突然、士官が兵士を殴り倒した。
    「私を愚弄するかッ! これは軍法会議ものだぞッ!」
    「……いきなり殴るってことは、図星なのか?」
     と、別の兵士が口を開く。
    「なに……?」
    「図星なのか? 本当にアンタらが?」
    「そんなわけがあるか!」
    「じゃあなんで殴った? 反論できないから殴ったんじゃないのか?」
    「違う! 軍規を乱す者が……」
    「それはアンタじゃないのかッ!?」
     場がしんと静まり返り、士官たちと兵士たちの間に、ただならぬ空気が漂い始めた。
    「……」
    「……」
     と、殴られた兵士が立ち上がり、士官をにらむ。
    「出てけよ」
    「……っ」
    「俺たちは真偽がちゃんと分かるまで、アンタらの指示には従わねーぞ」
    「ぐっ……」
     士官たちはしばらく周囲をにらみ付けていたが、やがてその場を後にした。

     こんな小競り合いが幾度となく続き――ついには、決定的に破綻することとなった。
    「なんだ、騒がしいぞ!」
    「暴動です! 南監視塔の兵士たちが、監査に来た士官たちに反発し、乱闘騒ぎを起こしているそうです!」
    「何だと……! すぐに鎮圧しろ! 片っ端から拘束するんだ!」
     士官と兵士との対立は深刻化し、砦の防衛機能が満足に動かなくなるところまで来ていた。



    「そっか。今がチャンスかな」
     その話を反乱軍の斥候から聞いたランドは、次の手を打ち出した。
    「どうする気なの?」
     イールに尋ねられ、ランドはにやっと笑ってこう答えた。
    「いよいよ収穫の時さ。イスタス砦、そっくりいただいちゃおう」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【火紅狐・合従記 4】へ
    • 【火紅狐・合従記 6】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    たった4人じゃないんですね、これが。

    NoTitle 

    たった4人でv-405
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【火紅狐・合従記 4】へ
    • 【火紅狐・合従記 6】へ